お近くのお店はこちら

トップページ > ブラインド・ロールスクリーン

ブラインド/ロールスクリーン

一流国産メーカー 大特価

人気のウッドブラインド、タテ型ブラインド等
豊富なラインナップからお選び頂けます。

ウッドブラインド
アルミブラインド バーチカルブラインド ロールスクリーン

イメージ

ショップ内に実物展示中!
豊富なカラーバリエーション265色
 


インテリアへの展開

ピンク ピンク

ピンクは幸福感のある優しい色。寝室で使うと、いい夢が見られそう。また、女の子にも好かれやすい色なので、子供部屋にも最適。
ブルー ブルー

ブルーは爽やかな色。暑い夏に使うと、さっぱりとして涼しげな印象に。水色などのきれいな色は清潔感が、ややグレイッシュブルーなら、沈静的なムードが楽しめます。

ベージュ ベージュ

ベージュは、ナチュラルカラーの代表。心穏やかに、くつろいだイメージを感じさせてくれることから、全ての空間で、幅広く使えます。
グリーン グリーン

グリーンは癒しの代表的な色。パソコンで疲れた目も休まるかも。グリーンの中でも黄緑はフレッシュ、青緑は都会的な雰囲気が作れます。


効果的な色の使い方

窓をアクセントにする場合 窓をアクセントにする場合

窓にポイントを持ってくるためには、窓に派手な色を使い、窓以外の内装材や家具などは、おとなしい色にしておくことがポイント。窓だけが浮くようなら、花や小物に、窓と同じ色をつけると馴染みやすいです。
窓を空間全体に溶け込ませる場合 窓を空間全体に溶け込ませる場合

窓を目立たせず、空間全体に溶け込ませる場合は、壁の色と近い、淡い色を選びたい。この際、アイボリーやベージュにしておくと、飽きがきにくく、部屋を広く見せてくれる効果もあります。

空間全体をカラフルな印象にする場合 空間全体をカラフルな印象にする場合

楽しい感じの部屋を作るためには、空間全体をカラフルな印象になるようにまとめます。ただし、色は3系統以内にして窓の色とクッションの色をそろえるなど、色の氾濫に注意しましょう。
空間全体を同系色でまとめる場合 空間全体を同系色でまとめる場合

品のいい部屋をつくるためには、空間全体を同系色でまとめるとよいでしょう。その際、窓は淡く、ソファはやや暗めに小物などはやや派手にというように、空間全体で濃淡の効果がでるようにしましょう。

| TOP |